ビットコイン事件の総まとめ|仮想通貨の安全対策とは?
  • Welcome to 2wid.info forex forum binary options trade. Please login or sign up.
 

ビットコイン事件の総まとめ|仮想通貨の安全対策とは?

Started by Japan, May 11, 2020, 06:52 am

Previous topic - Next topic

Japan

ビットコイン事件の総まとめ|仮想通貨の安全対策とは?
仮想通貨元年 といわれる2017年、日本国内で一気に仮想通貨ブームが到来し、今ではテレビのニュースでも仮想通貨という言葉を良く聞くようになりました。
数ある仮想通貨の中でも特に ビットコイン は主流的存在といえ、価格の上昇ぶりはもはや バブル といっても過言ではないでしょう。
しかし、ビットコインの人気の裏には 度重なる事件 があったことも事実...。
この記事では被害に遭わないための対策まで解説していきますので、 読み終わる頃には正しい安全対策が身につけることができますよ!
この記事を書いた人.
これまでに起きたビットコイン関連の事件.
コインチェック事件.
コインチェック事件は2018年1月に起こった事件で、国内大手の仮想通貨取引所 コインチェックからネム(NEM)が盗まれました。
その額は日本円にして 約580億円 。
そこには、 コインチェックの管理体制の怠りが根本的な原因 でした。
本来、ネム(NEM)はセキュリティ面が非常に優れているコインなため、 オフライン管理 が可能となっています。
それにもかかわらず、コインチェックはネムNEMを オンライン上で管理 しており、悪意あるものの目に止まってハッキングの対象となったわけです。
しかし、補償の際にはおそらく税金がかかりますので、 結局投資家達には損失が発生 することとなるでしょう。
ビットコインウォレット事件.
この事件は、悪意あるハッカーがとあるコロンビア人男性のビットコインウォレットやWindowsなどのアカウントを乗っ取り、 約16億円 のビットコインを盗み出したというもの。
コロンビア人男性はオフライン上でビットコインを管理する コールドウォレット を使用しており、パスワードについては Windowsのオンライン上に保存 していました。
この事件の主な原因は オンライン上にパスワードを保存していたこと。
BTERハッキング事件.
BTERは中国で人気のビットコイン取引所でしたが、 2014年 と 2015年 の2度に渡ってハッキングされ、現在の価格で 約88億円が盗まれました。
この事件で特に問題視されたのが コールドウォレット がハッキングされたというところ。
このコールドウォレットというのは、ハッキングなどのリスクを最小限に抑えるため、 オフラインの状態で利用する保管方法 です。
それがハッキングされたというのですから、 仮想通貨自体の信用問題 として世間を大きく脅かしました。
しかし、後の調査でBTERの システム開発者の個人情報が盗まれた ことが原因と発覚。
コールドウォレットというのは、インターネットと完全に切り離された環境にあるウォレットのこと。

Japan

コールドウォレットにもいくつかの種類があって、代表的なものには秘密鍵を紙に書いただけの 「ペーパーウォレット」 や、専用デバイスで秘密鍵を保管する 「ハードウェアウォレット」 などがあります。
マウントゴックス事件.
マウントゴックスはかつて日本の人気取引所として知られていましたが、2014年に 65万BTC を消失したことによって破綻しました。
65万BTCというとピンとこないかもしれませんが、単純に1BTC=100万円で計算した場合、消失した額はおよそ 6,500億円 ということになりますから、事の大きさがわかると思います。
この事件の原因は オンラインでビットコインを保管していた ことと、 簡単に横領できてしまうほどの管理体制 にありました。
ですが、この事件が起きたのは2014年とまだ仮想通貨が浸透していない頃ですし、当時のビットコインの価格も 1BTC=10万円 ほど。
The DAO事件.
The DAO事件も 『第二のマウントゴックス』 と呼ばれるほど大きな事件でしたよね。
The DAO事件はICOプロジェクトの一つであるThe DAOプロジェクトにおいて、資金調達した 360万ETH(およそ4,600億円) がハッカーによって不正送金されました。
その原因は DAO開発コードの脆弱性 。
しかし、スプリット機能には 「利用したアドレスからは28日間資金移動ができない」 というルールが設けられていたため、ハッカーも28日間は資金を動かすことができません。
そのため、その間に イーサリアムのハードフォークを実施 し、イーサリアム上の不正送金をなかったこととしたのです。
仮想通貨の危険性をおさらい.
今回紹介した事件からわかるのは、仮想通貨は ハッキング被害 が非常に多いということです。
また、各取引所では日々セキュリティ強化がされていますが、ハッカーには それ以上の技術がある といえるでしょう。
そのため、 オンライン上で仮想通貨を管理するということは、道端で札束を管理するくらい危険 なものなのです。
被害に遭わないための対策とは.

Japan

それは、オンライン上ではなく オフラインで保管をする のが最善の対策といえます。
今回紹介した事件の中にもコールドウォレットが何度か出てきましたが、オフラインで利用できる コールドウォレットを使用するのが現状最も安全な方法 です。
コールドウォレットをハッキングされた男性の場合は、 パスワード をオンライン上に保管していたために多額の資産が盗まれましたよね。
そのため、 コールドウォレットのパスワードもオフラインで管理 しておけば、ハッカーの侵入経路を見事にシャットアウトすることができるのです!
安全な資産運用は危険性の理解が重要!
もちろん、ハッカーも日々あの手この手を考えていますので、いつ新たな手口で仕掛けてくるかもわかりませんが、現状は オフラインであれば安全 ということがわかりましたね。
そのためには コールドウォレット の使用がおすすめとなりますが、コールドウォレットには 物理的な盗難や紛失という危険性があるのも事実 です。
また、コールドウォレットは決済などで使いづらいという面もありますから、あくまでも 保管目的として利用し、決済時のみ別のウォレットに移し換える というのが安心。

Japan

ローリスク.
安定的なリターン.
更新情報:4月オンラインセミナー更新しました。
【緊急】キャッシュバックキャンペーン開催中.
GAINSKYとは?
GAINSKYでは、お客様の資産を直接お預かりしていません。お客さまの資産は暗号資産・外国為替取引所であるリーガル・コア・マーケット(Regal Core Markets)にて、管理されます。取引命令の実行指示者と資産を預かる取引所が分離・分掌されることによりお客様の資産の安全性が高まります。リーガル・コア・マーケットのもまたバヌアツ金融委員会に登録されている正式な金融機関です。
GAINSKYの参加者は、暗号通貨取引、外国為替取引の特別な知識は必要ありません。参加者は4つのユニークな戦略を持ったチームを選択するだけです。後はプロのトレーダーチームが貴方にかわって取引を行います。 選択するチームは1つに限定する必要はなく、複数のチームを選択し自分用のポートフォリオを組むことも可能です。 中でもTEAM MACHTELITE(緑チーム)は、GAINSKYのエリートトレーダーチームによる運用が行われます。 運用期間は80日となりますが、20日毎に収益の払い出しが行われ、損失が発生した場合はGAINSKYによる補填が行われます。
GAINSKYの優位性.
金融セキュリティ.
ロック期間一切なし.
フルコントロール.
取引をより安全で簡単に.
最大限の利益を追求.
入出金が簡単.
GAINSKYの始め方.
GAINSKYの良くある質問.

Japan

Q.Gainsky Investmentsはどこで登録されましたか? A.Gainsky Investmentはイギリスのバージン島に登録され、本社はドイツにあります。
Q.会社が設立されたのはいつですか? A.Gainsky Investmentsは2018年9月に設立されました。
Q.同社はどのようなFX取引を専門としていますか? A.私たちは暗号通貨とフィアット(法定)通貨間のFX(外国為替)取引に焦点を当てています。例:USD-BTC.
Q.どの取引プラットフォームを採用していますか? A. 世界の多くの取引所が採用しているMetaTrader 4(MT4)というプラットフォームを使用しています。
Q.会社はどのように顧客の資本を保証しますか? A.基本的に、クライアントと企業は単に協力的パートナーシップと呼ばれています。クライアントの資金は取引所(Regal Core Markets)に登録された口座にあり、私たちはこれらの口座に直接アクセスすることはできません。
Q.会社を監督している規制メカニズムはどれですか。 A.バレットオペレーション会社であるため、規制メカニズムによる監視の必要はありません。
Q.トレーダーのレベルはどのように判断できますか? A.同社には4つの取引チームがあり、それぞれ6〜10人のトレーダーがいます。各グループの取引方法とリスク認識は異なります。個々のクライアントのリスク認識に基づいて、どの取引チームが自分に最も適しているかを決定できます。さらに、各取引チームは、クライアントが評価できる取引履歴を利用できます。
Q.取引所のセキュリティレベルをどのように評価しますか? A.取引のセキュリティレベルを保証することはできませんが、取引として、運用前に特定の資格と能力を維持する必要があります。ただし、関連する取引情報のリンクをクライアントに提供して、取引所のセキュリティレベルの確認するができます。
Q.会社の収入源は何ですか? A.現在の市場では独自の為替アプローチを使用して収益を上げています。
Q.出金制限はありますか?管理手数料はいくらですか?

Japan

A.出金は取引サイクルの終了後にのみ処理でき、2つのオプションがあります。3日間の引き出し処理時間は5%の管理手数料。20日間の引き出し処理時間は無料です。
Q.私が推薦したクライアントが取引中に損失を被った場合、私の収益は損なわれますか? A.はい。ただし、別の観点から検討してください。ゲインスカイはカットロスの徹底など確実に一定水準の取引基準を維持しています。私たちの取引チームが必要な取引能力を欠いている場合、ほとんどのクライアントは膨大な損失を被ることになります。これは大部分がクライアントが口座から残りの資金を引き出す結果となり、会社にとっても損失を意味します。したがって、私たちは間違いなく常にクライアントのためにできるだけ多くの利益を稼ぐことを目指しています。
Q.今日の速いペースの環境では、損失をわずか3%に設定することは非常に達成可能と思われますが、損失の可能性は低いと考えられますか? A.クライアントの観点からは簡単に達成できるようですが、トレーディングチームの観点からはそうではありません。10,000米ドルが投資されていると仮定すると、取引チームは一度にすべての10,000ドルを取引することはありません。取引チームはトランザクションを分割します。たとえば、10,000ドルの投資は、1つのトランザクションあたり1000ドルの10のトランザクションに分割します。損失が3%に達すると、各トランザクションは取引を停止します。そして、特定のアカウントが残りの取引期間のすべての取引を停止するためには、10回の連続した取引停止なる場合です。このような事態が発生する可能性は、基本的にカジノのバカラのゲームで10連続の負けるようなものです。
Q.取引しない場合でも、債券(CR)を受け取る資格はありますか? A.いいえ、あなたが取引していない段階では、取引リベートは絶対にありません。
Q.ゲインスカイに登録はするが取引はせず、ゲインスカイを友人に紹介することだけに焦点を当てた場合、友人も同じ考えを持つ結果となったこの状況をどのように解決できますか? A.基本的に取引を通じて利益を上げない場合、クライアントがゲインスカイを信頼することは不可能であるため、ゲインスカイの紹介だけを目的とする場合は登録する必要はありません。
Q.為替レートの目安はありますか? A.為替レートは公式サイトの表示通りです。